汗・皮脂・垢、そして雑菌がきっかけで体臭が生じます。

汗・皮脂・垢、そして雑菌がきっかけで体臭が生じます。 皮脂や汗は、分泌されたばかりではほぼ無臭ですが、放っておくと皮膚上でバイ菌が繁殖し、皮脂や脂内の脂質やたんぱく質、アミノ酸といった要素が化学反応をおこし、悩ましい体臭を作り出すのです。あるいは、病気に起因する特徴的なニオイをもつ人もいます。

肌を清潔にしているにも関わらず、体臭を強く感じる場合は、病院へ行き、医師に相談するべきです。性器のかおりに悩みを抱える女性は多いですが、実はほとんどの場合「思い違い」か「意識しすぎ」であり、裸でない限りは、他人が感じるくらい強い匂いがする人は、極稀だということです。

本質的に、性器は臭いをもつ部位なのです。性別や年齢を問わず、 どんな人でも 少なからず匂いを持っているのです。

体臭の中でも一番気になる、ワキ臭……。

「汗からの臭いに頭を抱えている」という人、わりかし存在しているのではありませんか?少しの発汗時ですら「もしや……」と考え込んでしまうもの。

実際はそれ程強烈な体臭でないのに悩みを抱えている人も少なからず存在します。

でも、ほんとうに周囲の人に迷惑をかけていないのか、気づかれる程の異臭ではないかと、 体臭に不安を抱える人にとっては重要な問題ですよね。

精神負荷でっぱいの不規則な生活リズム、 バランスの悪い食生活に運動不足。日常的に限度を超えた喫煙や飲酒をしていると、アセや皮脂の成分が変わり、塩分・糖分・肉類の多い食生活が、臭いを発生させる原因だとされています。

肉類やお菓子類など、動物性たんぱく質や脂肪の多い食品を控え、体質改善を目指した食生活を続けていくと良いでしょう。病気の中に「腋臭症」は含まれません。しかし、強いニオイがする人、脇から染み出る汗の影響で下着や洋服に汚れがつくならば、病院で治療をするという手段もあります。病院選びはじっくりと行いましょう。

中でも、両ワキを一遍に手術しようとする病院は、お勧めできません。

片方のワキの手術を受けて、術後の対応や経過を見て、 もう片方の手術を受けるほうが確実です。

ワキ臭が気掛かりならば、身支度時に、脇にデオドラント剤をつけることを勧めます。さらに、塗った後に制汗剤を乾燥させるだけで、さらに大きな防臭効果が得られます。脇の汗や臭さを軽減するのには、噴霧器型や粉末状の、粘性がなくサラサラとした商品を勧めます。

汗は突発的に出るのでふき取りシートで処置しましょう。

女性も男性も、パートナーに嫌われたくない一心で、自分自身の臭いを気を遣う方は少なくないようです。

過度な心配から、ストレスを感じる方も中にはいるはずです。

常に清潔な体を意識し、 消臭する対策は多岐に渡ります。

自分がやりやすい改善案、 対策法を身に着けることで、においに起因する負担を減らす道筋が見つかるでしょう。めったに見受けられないですが、性器周辺に脇のにおい臭が発生する「すそわきガ」体質の人もいないわけではありません。ねばっとしたキャラメル状態の耳垢が出る人は「すそワキガ」である可能性が少なからずあります。されども、この体質はワキガと同様に、専門科に診てもらうことで 臭いを緩和できますから、ひとりで悩みこむ前に 専門医院で診てもらうのが良いでしょう。わきガ臭の発生を抑える『擦り林檎シップ』は、擦った林檎を木綿布でまとめ、シップを貼る感覚で腋に当てる手間だけで容易に効果を得ることができますから、試すことを勧めます。①皮付きの林檎一個を洗い、残さず全て擦りおろす。②すりおろしたリンゴを木綿布などでまとめ、水気がなくなるまで搾る。

③水気が切れたリンゴを綺麗な布で包み、両脇に5分間当て込む。

よく見るスプレー型の制汗剤は殆どが、 アポクリン腺の汗を抑制する効果はあまりありません。ワキガの臭い対策には強力な抗菌殺菌効果を持ち、肌に直接塗れるロールオンタイプやスティックタイプ、クリームタイプなどのほうがより効果を感じられます。また、香りがついていない製品を選ぶことも大事です。

ワキガ臭と制汗剤の香りが合わさった際、周りにとってはますます不快な臭いに思われることもあるからです。日本人の10分の1がワキガに罹っていると言われます。人には「アポクリン腺」と「エクリン腺」の「汗腺」を二種類持ち合わせています。

腋の下や乳頭、臍、陰部、肛門周り、外耳といった、身体の一部にのみが持つ「アポクリン腺」から湧き出る汗には、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、皮ふにある常在菌の繁殖しやすくなります。ワキガ体質の人は普段から皮膚を清潔に保ち、ばい菌の繁殖を防ぎましょう。

ワキにニオイがこもったり、まき散らしてしまうことを食い止めるために、腋毛を剃るのもお勧めです。野菜中心で肉を節制した食事法もアポクリン腺の活性化を抑えます。

さらに、リンゴの成分内にはアポクリン腺のアポタンパクという物質の生成を阻み、臭気のもとを減らす効き目があります。

陰部の臭いについて気にする女性が多いですが、ただ、健常時とは違った強い臭いのオリモノが出たり、茶褐色やピンクがかった分泌物が出たりした際は、膣炎や性病に感染している可能性もあります。

すぐに婦人科に向かいましょう。

女性器のにおいに不安があるとき、ソープやビデを使い膣を洗うのはかえって逆効果です。

ばい菌の侵入を防ぎ、膣を守る役割を持つ善玉菌を殺さないように、圧力をかけて擦り洗うのはやめてボディーソープを泡だてて表面だけをそっと洗い、お湯で濯ぎ流すように心がけましょう。

綿素材や絹など、通気性に富んだ素材の下着を着るようにして、月経中はしばしばナプキンを取り換えると良いでしょう。ワキの臭いの予防策は、なにせ皮膚を汚さぬこと。

汗に含まれるアンモニアや皮脂などの分泌物と黴菌などが混ざり合うことで生じる臭いは、身体を清潔にするだけで防ぐことができます。

また、清潔な衣服を纏うことも重要です。

肌に直接触れる衣服も清潔であることが肝心です。

発汗時に備えて、替えの肌着を一枚用意するのも 良い方法かもしれません。

引用:デリケートゾーンの黒ずみクリーム